2019年02月12日

割野の十二講 2019年2月12日

割野の十二講に松明の火が灯りました。弓矢の儀式を復活して10年目、妻有新聞分や中井さん、辻さんも取材にきました。
今年は孟宗竹の芯に軽トラック4台分の萱を巻き付け、例年より出来が良かったと評判でした。火の回りも外側から順に炎が燃え上がり、崩れもせず高い焔が何度も立ち上がりました。
「凄いね!」「今年は違う!」と集まった村人は少し興奮気味で私も夢中になってシャッターを切りました。
やがて遠くから消防のサイレンが・・・まさか此処じゃないよね!サイレンはだんだん近づき、赤い回転灯が見えました。やっぱり間違って来たな!最初は笑って見ていましたが、次から次へと消防車の近づく音が・・・
割野の十二講は毎年消防署に届出をして実行している集落の伝統行事です。今までも押付け方面から個人的に火事ではないか!という連絡が来たことはありましたが、消防車騒ぎになったのは初めてです。どのような行き違いがあったかは分かりませんが、広報無線には出るし、携帯電話は鳴りっぱなし・・・いやはや、平成最後の十二講は記憶に残るイベントになりました。

IMG_1440a.JPG

IMG_1443a.JPG

IMG_1421a.JPG

IMG_1450a.JPG

IMG_1611a.JPG

IMG_1580a.JPG

IMG_1594a.JPG

IMG_1547a.JPG

IMG_1604a.JPG

IMG_1473a.JPG

IMG_1551a.JPG

IMG_1568a.JPG

IMG_1504a.JPG

KIMG0369a.JPG
posted by koba at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。